手軽?気軽?身近な人だけでおこなう結婚式

時代とともに変わっていくスタイル

結婚式と言えば家族はもちろん友人や会社関係の人を呼んで行うのが日本では一般的とされていました。しかし、ここ数年であまりお金をかけない地味婚というワードが出始め、結婚式にかかる高額な費用に疑問を持ち始めた方も少なくないはずです。予算を伝えているのにウェディングプランナーにあれもこれもと勧められたりあの人を呼んだらあの人も呼ばなきゃいけない・・・なんて悩む方も多いのではないでしょうか。結婚式の主役は2人なのです。

見栄の張り合いからの解放

自分が結婚する前に何回か結婚式に出席すると、あそこはあんな演出をやったからうちはこうしよう。など故意ではないものの自然と意識してしまいます。中には出席してくれた方の中に誰々の結婚式のほうが豪華だった。など絶対に行ってはいけないようなことを口にする人もいますよね。それが自分の番になると後に引き返せなくなり予算オーバーの演出をやってしまい後々大変なことになったりもします。見栄を張っても残るのは誰かに勝ったというつまらない思い出だけです。

身近な人だけのメリット

身近な人すなわち家族親戚などだけで行う結婚式が増えてきましたね。まず演出に文句言われませんし、心から祝ってくれる人の割合が大きいことは2人にとってもいいことではないでしょうか。また披露宴をやらず親族同士で結婚式のあと食事会を開くなんて例も数多く存在します。結婚式にお金をかけなかった分、新居に充てたり新婚旅行に充てたりと人それぞれなです。どちらも思い出として残りますし、思い出はお金に換えることはできませんね。

家族婚はアットホームなので絶品料理を味わいながら挙式を行ってください。テーブルのレイアウトにもこだわれるので様々なプランに目を向けましょう。

Posted by / 2016年 7月 25日